B.A.P JAPAN 4th SINGLE 「EXCUSE ME」 2014.9.3IN STORES

MUSIC VIDEO

EXCUSE ME

PAGE TOP

CD INFORMATION

EXCUSE
数量限定盤
マキシシングル + グッズ KICM.91539 定価 ¥2,685 + 税
CD 1.EXCUSE ME 2.COFFEE SHOP 3.EXCUSE ME (Original Rap Version) 4.EXCUSE ME (Instrumental) 5.COFFEE SHOP (Instrumental)
■MATOKI グミキャンディライト・キーホルダー封入
■トレーディングカード1種ランダム封入(全7種) ■「お渡し会参加券」または「プレゼント応募抽選券」いずれか1種封入
数量限定盤 インターネットでの購入はこちら
EXCUSE
Type-A
マキシシングル + DVD KIZM.305/306 定価 ¥1,713 + 税
CD 1.EXCUSE ME 2.ZERO 3.EXCUSE ME (Original Rap Version) 4.EXCUSE ME (Instrumental) 5.ZERO (Instrumental)
DVD 1.EXCUSE ME Music Video 2.Making of Music Video & Photoshooting
初回プレス分のみ ■デジパック仕様 ■トレーディングカード1種ランダム封入(全7種) ■「お渡し会参加券」または「プレゼント応募抽選券」いずれか1種封入
Type-A インターネットでの購入はこちら
EXCUSE
Type-B
マキシシングル KICM.1540 定価 ¥1,157 + 税
CD 1.EXCUSE ME 2.COFFEE SHOP 3.ZERO 4.EXCUSE ME (Original Rap Version)
初回プレス分のみ ■トレーディングカード1種ランダム封入(全7種) ■「お渡し会参加券」または「プレゼント応募抽選券」いずれか1種封
Type-B インターネットでの購入はこちら

B.A.P JAPAN 4th SINGLE 「EXCUSE ME」 数量限定盤

  • Amazonで購入
  • HMVで購入
  • 新星堂で購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • TSUTAYA RECORDSで購入
  • ネオ・ウィングで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • KING e-SHOPで購入

B.A.P JAPAN 4th SINGLE 「EXCUSE ME」 数量限定盤

  • Amazonで購入
  • HMVで購入
  • 新星堂で購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • TSUTAYA RECORDSで購入
  • ネオ・ウィングで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • KING e-SHOPで購入

B.A.P JAPAN 4th SINGLE 「EXCUSE ME」 数量限定盤

  • Amazonで購入
  • HMVで購入
  • 新星堂で購入
  • TOWER RECORDSで購入
  • TSUTAYA RECORDSで購入
  • ネオ・ウィングで購入
  • 楽天ブックスで購入
  • KING e-SHOPで購入

PAGE TOP

SPECIAL INTERVIEW

B.A.P「EXCUSE ME」SPECIAL INTERVIEW

ツイートしてスペシャルインタビューを読む

──6月のツアー「LIVE ON EARTH 2014 CONTINENT TOUR」では福岡・名古屋・大阪・幕張と大成功のうちに終了しました。ツアーの感想や印象的なエピソードをお聞かせください。

バン・ヨングク「ファンイベントでも行ったことがない、初めて行く場所もあったし、たくさんのファンのみなさんが見に来てくださってとても嬉しかったです」
ZELO「僕にはファンの皆さん一人一人が大切な方たちですが、多くの方がコンサートに来てくださって、責任の大きさを改めて感じました」
デヒョン「日本の文化にさらに触れることができて、ファンの皆さんとの交流もより深めることができたのが良かったです」

──日本の文化とはどんなことを?

デヒョン「日本の地方ごとに恰好や話し方、方言などがありますよね? そういうことを少しずつ学べたし、特色や建物などの違いも少し分かるようになりました」

──日本の方言で、覚えているものはありますか?

デヒョン「好きやねん」
ヒムチャン「めっちゃ好きやねん」「めっちゃ美味いねん」
ジョンアプ「なんでやねん!」
ヨンジェ「ホンマに?」

──全部大阪弁みたいですが?(笑)

ヒムチャン「なんで覚えているかと言うと、大阪でラジオ番組に出たときに、DJの方に教えてもらったんですよ(笑)」

(引き続きツアーについて)
ヒムチャン「実は、まったく初めて行った場所ではなかったんですよね。ファンイベントで行ったことがある場所もあったし。例えば大阪は、以前イベントで行ったときは桜が満開の頃だったんですけど、今度はまた違った雰囲気を感じることができたのが良かったです」
ジョンアプ「行く先々で多くのファンの方たちから大きな反応をもらえたのが不思議でした。初めて行った街でも同じようにたくさん待っていてくれるんだな~、と」
ヨンジェ「韓国でもまだやったことがない、地方の大きな会場を回るツアーをこうして日本でできたことがまだ信じられないし、たくさんのファンの皆さんが来てくださったことに感謝しています」

──6月は約1カ月間日本でツアーを回ったわけですが、日本語は上達しましたか?

ヒムチャン「日本にいる間は結構慣れて、自然に会話できるようになったところもあったけど、また韓国に戻って、他の国に行ったりしていたらまた忘れてしまうことも正直ありますね」

──日本語が上手なヨンジェさんは、何か新しく覚えた単語などありますか?

ヨンジェ「新しく単語を覚えたというよりは、日本語の文法をもっと分かるようになったと思います。日本のドラマを通してたくさん勉強したんですよ」

──今回リリースするシングル「EXCUSE ME」は韓国語バージョンの歌詞を日本語詞にしたものですが、この曲を最初に聴いたときの印象はどうでしたか?

デヒョン「最初に聴いたときはすごく新しい! 僕たちにピッタリの曲だと思いました。楽しくて、自信をもって歌える曲だなと思いながらレコーディングしました。韓国語バージョンから時間が経つにつれてより馴染んだ部分もあるし、日本語バージョンとして歌ってみて、さらに表現できた部分もあるんじゃないかと。日本語バージョンの『EXCUSE ME』はさらにアップグレードしたんじゃないかな? と思います」

──どんな部分がアップグレードしましたか?

デヒョン「ボーカルもラップの実力も前より上がったし、日本語で歌うこと自体、僕たちには(力をつけるのに)役に立っていると思うので、いろんな部分で良くなってると思います」

──韓国語バージョンを歌ってから、日本語バージョンのレコーディングまではちょっと時間が空いていますよね? 久々に歌ってみてどうでしたか?

ヨンジェ「『EXCUSE ME』はコンサートでもよく歌ったので、すでに馴染んでいる曲だし、曲の理解度も十分だったので、とても楽に臨めました。いつも日本語バージョンを録音するときは、原曲(韓国語バージョン)の雰囲気を生かすように歌うんですけど、微妙な部分は日本語の歌詞に合わせて変えて歌っているんです」

──ラップパートのレコーディングはどんな感じでしたか?

バン・ヨングク「やっぱりまだ慣れてない言葉も多いから難しくなくはないですよね(笑)。発音も微妙な違いで他の単語に聞こえたりすることもあるので、スタッフにたくさん助けてもらって、レコーディングできたと思います」
ヒムチャン「この曲での僕のパートは4分の3が英語の歌詞だったんですよ。だから、今回、日本語の歌詞はちょっとしかなかったので、そんなに難しくはなかったです」
ZELO「『EXCUSE ME』の僕のパートは発音がちょっと難しかったので、ちょっと惜しいなと思う部分がありましたが繰り返し練習しながらレコーディングに臨みました。」
ジョンアプ「韓国語だったら意味もわかるし、思ったとおりの言葉で意思を伝えられるんだけど、日本語だと歌詞を習って録音するだけだから、表現はうまく出来ていないかもしれないです。それが難しいところでもあり、もっと練習が必要な部分だなと思っています」

──日本語バージョンのミュージックビデオ(MV)では新しいダンスパートも増えたと聞きました。どういうところが変わりましたか?

ZELO「韓国語バージョンは、リズムに乗ってみんなで一緒に盛り上がるような感じで群舞を構成してたんですけど、日本語バージョンのMVではサビの部分のダンスが新しくなっているんです」

──この新しいダンスにもし名前をつけるとすれば?

ZELO「オランウータン?(笑)」
ジョンアプ「ノルジャ(遊ぼう)ダンス?(笑)」
デヒョン「自由な英雄ダンス?」
ヒムチャン「日本ファンの皆さんに名前をつけてもらったらいいんじゃないかな?(笑)」

──MVを見て驚いたのがジョンアプさんのイメージチェンジでした。メガネをかけて髪型も違ったので、新しいメンバーが入ったのかと思うほどでした(笑)。自分ではどう思いましたか?

ジョンアプ「最初はこういう雰囲気にする予定じゃなかったんですけど、衣装をつけてメイクしながらいろんな意見を聞いたりしてコンセプトが出来上がったんです。メンバーの兄さんたちも『いいんじゃない?』と言ってくれたので、ああいう感じになったんです」

──今回のMVは全体的にシックで大人っぽい雰囲気がありますよね。

デヒョン「スッキリとスマートなジャケットスタイルと、ヒップホップ風の衣装も新しい試みだと思います」
バン・ヨングク「久しぶりに明るく楽しいメロディーのヒップホップを歌ったので、楽しくMVの撮影ができましたね」
ヒムチャン「スーツだけじゃなくて、ヒップホップスタイルのバッドボーイ風の衣装もあり、僕たちのいろんな面を見せられたような気がします」

──MV撮影では何か面白いエピソードはありましたか?

デヒョン「スケジュールの関係で、MVを1日で撮ったんですけど、撮って、食事したらまた撮って、ちょっと休んで、撮って……という繰り返しだったので、ちょっとしんどかったな(笑)という感じでした」
ヒムチャン「MVではそれぞれに少しずつドラマが盛り込んであったので、撮影するときも興味深かったし面白かったですよ」
デヒョン「うん、新しい感じがしました」

──「EXCUSE ME」をリリースしたら、“お渡し会”イベントが控えていますよね?韓国ではこういうスタイルのイベント文化はないと思うんですけど、実際体験してみてどうでしたか?

デヒョン「韓国ではサイン会がある程度ですけど、日本だとたくさんの方がいらっしゃるオープンスペースでやったりするじゃないですか。たくさんのファンの方々と一緒にイベントを楽しめるのはすごく良いなと思います」
ヨンジェ「もっと日本語で皆さんと会話できたらいいんですけど、短い時間なので一言、二言ぐらいしか話せないですね」
ヒムチャン「寒い時期のイベントだと小さいファンの子もいるからちょっと大変ですよね。でも直接みんなに会えるから、やっぱり楽しいし、いい思い出になりますよ」

──ほかにツアーやイベントで日本に滞在して楽しかった思い出などはありますか?

ジョンアプ「僕は個人的にガンダムをお台場で見れたのが嬉しかったです。水蒸気が出てライトも点いていたので、本当に空に飛んでいくんじゃないかと思いました(笑)」
ヒムチャン「だけど、そこまででした(笑)。もうちょっと(動くかと)期待してたんだけど」
ジョンアプ「元々僕は日本のアニメが好きなんですけど、テレビで見ていたものの実物が存在しているので、とても不思議な感じがしました」
バン・ヨングク「大阪でスポーツセンター(ラウンドワン)に行ったのが楽しかったです。日本には地方ごとにこういう施設があると聞いたんですけど、韓国には一カ所でいろんな競技ができるところはそんなにないんですよ。韓国にもこういうところがもっとあったらいいのになと思いました。サッカー、バスケットボールや卓球もやったし、バッティングセンターもありました。ひとつの建物で自分が知ってるスポーツが全部できるのはとても不思議で、羨ましかったです」

──では最後に、「EXCUSE ME」の聴きどころをお一人ずつ教えてください。

バン・ヨングク「コンサートでずっと歌ってきたので、ファンの皆さんには馴染み深い曲だと思うんですけど、日本のファンの皆さんにはやはり日本語詞のほうが歌いやすいと思うので、楽しんでもらえるといいなと思います」
ZELO「MVでは新しい振付も頑張ってやったので、よりこの曲を好きになってくれたら嬉しいです」
ヒムチャン「『EXCUSE ME』は聴くのもすごく楽しい曲だけど、僕たちが歌っているのを見るのも楽しいと思うんですよ。だから、ステージも期待していてください」
ジョンアプ「ヒムチャン兄さんと同じく、『EXCUSE ME』の魅力を知るには、ステージを見てもらうのが一番いいと思います。あとは僕のイメージチェンジも舞台でお見せできれば(笑)」
ヨンジェ「メロディーが簡単なので、一緒に歌いやすい曲だと思います。歌詞も楽しい曲なので、聴きながら気楽に歌ってくださったらいいなと思います」
デヒョン「日本語バージョンでさらに皆さんと共感できる部分が増えるだろうし、B.A.Pが現時点で最高にカッコいい姿をお見せできていると思うので、これからの活動も期待してほしいです」

(さいきいずみ)

PAGE TOP

FREE LIVE

「EXCUSE ME」発売記念フリーライブを開催!会場でのCD購入特典として、限定「うちわ」を先着でプレゼント!

詳細はこちら

PAGE TOP

RELEASE EVENT

関西と関東でリリースイベントの開催が決定!

内容:特典お渡し会

開催スケジュール

対象商品

2014年9月3日(水)発売 B.A.P JAPAN 4TH SINGLE「EXCUSE ME」
・数量限定盤 KICM.91539 ¥2,685+税
・Type-A KIZM.305 ¥1,713+税
・Type-B KICM.1540 ¥1,157+税

参加方法

上記対象商品の初回プレス分には「お渡し会参加券」または「プレゼント応募抽選券」のいずれか1枚が封入されています。
イベントへご参加頂くには「お渡し会参加券」が必要となります。
「プレゼント応募抽選券」ではイベントにご参加頂けませんので予めご了承下さい。

※「お渡し会参加券」の絵柄はメンバーソロ各1種、計6種ございます。
※お渡し会は「お渡し会参加券」に掲載されたメンバーからの特典お渡しとなります。
※イベントへご参加希望の方は「お渡し会参加券」を当日ご希望する会場にお持ちの上ご来場下さい。

注意事項

以下を必ず熟読の上ご参加頂けますよう、ご協力を何卒宜しくお願い致します。

注意事項はこちら

PAGE TOP

BONUS FROM THE STORE

「EXCUSE ME」店頭特典情報

B.A.P 4TH SINGLE 『EXCUSE ME』 <数量限定盤><Type-A><Type-B>いずれか1形態をお買い上げの方に先着で下記特典をおつけ致します。
特典は数に限りがございますので無くなり次第終了となります。

オリジナル特典

Amazon

オリジナルステッカー

HMV

オリジナルきらきらボールペン(4色から1色ランダム)

TOWER RECORDS

B2ポスター(集合1種)

TOWER RECORDS 渋谷店

大判生写真メンバーソロバージョン1種ランダム(全6種類)

※渋谷店の特典は上記のみとなりTOWER RECORDSオリジナル特典のB2ポスター(集合1種)はお付け出来ません。

TSUTAYA RECORDS

オリジナルきらきらボールペン(4色から1色ランダム)

※一部オリジナル特典のお取り扱いがない店舗もございます。ご了承下さい

ネオ・ウィング

オリジナル生写真(集合1種)

楽天ブックス

オリジナルステッカー

WonderGOO(一部店舗を除く)/ 新星堂(一部店舗除く)+ 新星堂オンラインショッピング 楽天市場店

オリジナルステッカー

特約店共通特典

上記以外の店舗

生写真(集合1種)

対象店はこちら

PAGE TOP